Menu

コンテナハウスとしての海上コンテナ・seacontainer

海上コンテナ・seacontainerは、現在、コンテナハウスとしても注目している人たちが多くいらっしゃることでしょう。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

コンテナハウスとの向きあい方

多くの人たちが、海上コンテナ・seacontainer=コンテナハウスというとらえ方をしているのではないでしょうか。

ただし、海上コンテナ・seacontainer=コンテナハウスではなく、海上コンテナ・seacontainerとは違う建築用コンテナなのです。

そもそも海上コンテナ・seacontainerというものは、輸送用の国際標準規格に準拠し作られているものです。

しかし、海上コンテナ・seacontainerは、日本の建築基準法を満たしている訳ではありませんので、海上コンテナ・seacontainerを「住宅」として使用することができません。

国内で合法的にコンテナハウスを設置しようと思えば、【建築確認取得に対応したJIS規格の建築用コンテナ】が使用される必要があります。

国内建築のために製造された専用コンテナである必要性は、住居として存在するため、厚みをもった鋼材を柱とした「重量鉄骨造」である必要があるからです。

四方の鋼鉄製の壁で支えられている簡易構造

海上コンテナ・seacontainerとは、いわば、四方の鋼鉄製の壁で支えられている簡易構造なのです。

実際に住居として使用する人たちは、窓やエントランスなど開口部を壁に開けるという行為もしてしまうでしょう。すると、頑丈な海上コンテナ・seacontainerでも、構造はモロくなってしまうのです。

構造の強さは、住居なら住居の視点で考えていかなければなりません。

コンテナハウスの強さの維持

コンテナハウスは、コンテナハウスとして強さを維持する必要があります。

建築用コンテナは重量鉄骨で構造を組み、開口部を設けても、しっかり耐えてくれる構造を持っています。

そもそも、海上コンテナ・seacontainerとは、貨物輸送のための基準で大量生産されています。

海上コンテナ・seacontainerは、非常にリーズナブル価格が生産されることになりますが、それと比較して、コンテナハウスは、おおかた割高にはなるでしょう。

海上コンテナ・seacontainerの二次利用で、コンテナハウスはリーズナブル価格で出来ると思っている人たちもいらっしゃるでしょうけど、実際にはそうではありません。

とはいうものの、比較して割安感覚で向き合うことができるのはコンテナハウスなのですが、ほとんど木造住宅よりは高い価格にはなってしまうのではないでしょうか。

新着記事