Menu

海上輸送・seatransportの学び方

海上輸送・seatransportは、まさに私達の生活を支えているということができます。

例えば、北海道教育大学附属函館中学校では、海上輸送・seatransportに対してこのような学び方をしています。

私達は、勉強しなければ、海上輸送・seatransportという存在を無視してしまうかもしれません。だからこそ、海上輸送・seatransportの海洋教育レポートが子供の頃から必要になって来るのではないでしょうか。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

海上輸送・seatransportの海洋教育

いま、海上輸送・seatransportの海洋教育が必要とされています。まさに、そのような学びの試みがされているのも、函館という土地柄からでしょうか。

函館は、貿易拠点として発展して来ました。北海道教育大学附属函館中学校では、現在、海上輸送の役割と可能性というテーマについて、勉強をしています。

果たして、海上輸送に着目したのはどのような理由からなのでしょうか。

社会科教諭の郡司直孝先生曰く、 国際海洋都市として発展してきた函館エリアに目を向ける目的があったということです。

海上輸送・seatransportの重要性

海上輸送・seatransportとは、まさに、私達に日本人にとってとても大事な存在です。しかし、それは勉強しないとなかなか気付かないことです。

しかし、多くのケース実際に海上輸送・seatransportに対して何を今まで子供さんたちは勉強して来たというのでしょうか。

日本での物流の大事さを考えたとき、海上輸送・seatransportについて知ることは本当に意味あることです。

中学社会科の教科書には、輸送手段の記述はあることはあります。……しかし、2ページ程度。2ページでは、海上輸送・seatransporの何も語ることができないのかもしれません。

海上輸送・seatransportの実際の活躍は、決して2ページではないと思います。とにかく、海上輸送・seatransportに対しての教育は、少なすぎる程少ないという印象があります。

それは今後改善していかなければならない問題です。歴史をみても、遣隋使・遣唐使のように人、物、情報は、海を通して伝わって、国は発展して来たということができます。

日本の文化、発展は、いまでも海上輸送・seatransportを前提しているはずなのです。

遣隋使・遣唐使のことばかり、一生懸命勉強して、海上輸送・seatransportに対して無視してしまっているのは果たしてどうしてなのでしょうか。もっともっと教育に対して問われなければならないことがあります。

新着記事